泳げないフィリピン人がたくさん。

フィリピン人
ブログランキング参加中! 
ブログランキング参加中! 

セブは、キレイなホテルが多く立ち並ぶ南国リゾート。

海の近くに住んでいるのだたら、さぞかし泳ぎは得意なのだろう・・・と思ったら、

フィリピン人、泳げない人多すぎ・・・

今回は、ビーチ近くに住んでいるのに、泳げないフィリピン人について考えてみた。

意外に海に行かない

セブにはたくさんの魚がいる。スノーケリングをすれば、多くの魚を見ることができるところなのだ。

ビーチ近くに住むフィリピン人は、しょっちゅう泳ぎに行ってるんだろうなと思っていたら、そうではないようだ。

子供も忙しい

平日、子供は学校の授業がある。授業は朝から夕方までと、意外に大変なスケジュールだ。平日は海で泳ぐ時間もない。

日本のように学校の敷地内にプールはあるのかというと、プールなどは学校内にない。ほとんどの小学校にプールがあるのは日本くらいかと思う。

泳ぎ方を習うという授業は、フィリピンにはないようだ。

子供は、座学に忙しいことが想像できる。

泳げると言うフィリピン人にがぎって

たまーに、私は泳げると言ってくるフィリピン人に出会うことがある。

そのフィリピン人は、まぁーなんとも自信満々なご様子なのだ。

日本人の感覚であれば、泳げる=クロール、バタフライというかっこいい泳ぎ方をするイメージである。

そして、実際にフィリピン人に泳がせてみた。

すると、

パチャパチャ、パチャパチャ・・・

ザ・犬かき

そして、泳ぎ終わった後は、「どうだ」といった態度である。

とりあえず、褒めるしかない・・・。

何故、泳げないのか

フィリピン人で、超かっこよく泳げる人を見たことがない。

ビーチがあんなに近いのに、なぜ泳げないのか? 泳げるようになるには抜群の環境のはずだ。

答えは簡単だった。

教える人がいない。

・・・

・・・

・・・

納得するしかない。

日焼け

フィリピン人たちは、たまにしか海に行かないようだ。

海の近くに住んでいるからと言って、毎日のように海で泳いでいるわけではない。

しかも、フィリピンにおいては色白が美人とされている。女性などはたまにしか海に行くようなことはしない。それはもちろん日に焼けてしまうからである。

休みの日は?

海の近くに住んでいる人々は、日曜日は何をしているのだろう。さすがに日曜日は学校の授業もない。

日曜の行動は下記の通りだ。

  1. 家でゴロゴロ、テレビを観ている
  2. ショッピングモールに行き、休日を楽しむ。
  3. 昼食を持参し、ビーチに泳ぎにいく。もしくは、山に行く。

なんと、海に泳ぎに行くフィリピン人もいるではないか。ただ、このビーチに遊びに来たフィリピン人たちは、ビールを飲んで、海に入ると言っても、海につかるだけだ。泳ぐフィリピン人はほぼいない。

まとめ

セブに関してだが、フィリピン人たちに、泳げる人が少ないのは

  1. 日焼けを嫌う人が多い
  2. 泳ぎ方を教える人がほとんどいない。

この2点が理由かと思う。

子供の時は、海で遊ぶことは多いだろうが、成長するに従い、海に行かなくなる。髪の毛は痛むし、日に焼けるし、海に入った後べたべたになるしと、子供のころは大して気にしなかったことも、大人になれば気にするようになる。

私もセブでは、家から車で10分くらいのところに海があるが、家族とたまにしか海に行くかない。休みの日は、大抵エアコンの効いた涼しいショッピングモールに行くことが多い。

泳ぐ機会が少なく、泳ぎ方を教える人がいないとなれば、泳げない人が多いのは自然なのかもしれない。

ブログランキング参加中! クリックで応援お願いします。
PVアクセスランキング にほんブログ村
ブログランキング参加中! クリックで応援お願いします。
スポンサーリンク
フィリピン人
スポンサーリンク
コビをフォローする
スポンサーリンク
フィリピンでよろしく‼

コメント

タイトルとURLをコピーしました