外国人がフィリピン人にやってはいけないこと

マニラ・セブ
ブログランキング参加中! 
ブログランキング参加中! 

フィリピンという国は、日本に比べて殺人が多い。ここでいう殺人というのは、狙われて殺されることで、突発的に起こることではない。

狙われるには理由があるはずだ。フィリピン人の恨みなどにより、特に外国人のフィリピン在住者は狙われやすい。何故、外国人が狙われたりするのだろうか。

今回は、何をしたらフィリピン人たちは怒り、人を恨んだりして外国人を狙うようになるのかを考えてみた。

フィリピン人に接するとき、やってはいけないこと

フィリピンの会社の駐在員として他国から来たり、フィリピンでビジネスを始める外国人が最近多くなっている。

フィリピンで生活をしているとだんだんわかってくることだが、フィリピンのこと、フィリピン人のことをあまり知らずに、何かをする場合は、ちょっと注意が必要だ。

特にフィリピン人と接するときには気を付けなければならない。気を付けることは下記の通りだ。

  1. 他の人がいる前で、フィリピン人を叱責をしてはならない。
  2. フィリピン人をバカにしたような態度を取らない。
  3. 暴力を振るわない。

他の人がいる前で、フィリピン人を叱責をしてはならない。

日本人は特に、これについて気を付けなくてはならないだろう。仕事上、オフィスの皆がいる前でフィリピン人スタッフを怒鳴りつけたりしたら、大変なことになる可能性がある。

お前、何やってんだー!!!

フィリピン人は、皆の前で怒鳴られることをものすごく嫌がる。恥をかかされたと思い、自分を怒鳴った者を恨むのだ。日本人からすれば、大したことないことかもしれないが、フィリピン人からすれば大問題なのだ。

恐らく、フィリピン人を怒鳴った者は、フィリピン人から何かしら嫌がらせをされたりする可能性がある。最悪の場合、命を落とすようなことにもなりかねない。そう・・・そんなことが原因でと思うようなことで、命は狙われる。それがフィリピンなのだ。

フィリピン人を叱ったりするときは、他の人がいないようなところで、諭すように叱るのが良い。絶対にフィリピン人に恥をかかせるようなことはしないほうが良い。

私にも似たような経験がある。

フィリピンに来てまだ数カ月しか経っていないころの出来事だ。

当時、アパートに住んでいたのだが、アパートのフィリピン人オーナーが私の部屋に来て1000ペソを貸してくれと言ってきた。私はそのオーナーとは、特別仲良くなかったが、1000ペソを貸してあげた。そして、オーナーは1週間後にお金は返すと言って去っていった。

それから、1週間後、オーナーは1000ペソをまだ返しには来なかった。そして、2週間が経つ少し前だったか、外で他のアパートの住民とビールを飲んでいるオーナーの姿があった。私はさすがに1000ペソを帰してもらおうと思い、他の人達もいる前でオーナーに言った

この前貸した1000ペソは、いつ返せますか?

オーナーは、そのことに触れたくないのか、私にビールを飲ませようとしてきたが、私は飲む気になれず、もう一度

1000ペソは、いつ返せますか?

と聞いた。その時のことを今でもはっきり覚えている。スーッとその場が静まり返ったのだ。そして、オーナーは小さな声で言った。

明日帰します。

その後が大変だった。私は部屋に戻ったら、どうも、オーナーが外で騒いでいるようだった。当時はこっちの言葉がわからなかったが、何か怒っている様子であることは声のトーンから分かった。

そして、一時間くらいたった後だろうか、私の部屋のドアがノックされた。オーナーがお金を返しに来たのだ。ものすごい形相だった。彼はお金を帰すときに一言。

フィリピンのこと、わかってください

と言って帰っていった。

お金の貸し借りも、他の人たちがいる前で、「早く返せ」などとは言ってはいけない。これはフィリピン人にとって恥ずかしいことのようだ。

この出来事の後、フィリピン人の知り合いにこのことを話したところ、「他の人のいる前で金返せなど言うな」と怒られた。自分は悪いことはしていないつもりだったが、そう思っていても、悪者になる可能性がある。

私は、この件でアパートのオーナーとの人間関係が悪くなっても良いことがないと判断し、後日、オーナーに謝った。

オーナーは笑顔で「これフィリピンスタイル」と言っていた。

フィリピン人をバカにしたような態度を取らない

  • 日本人もそうだが、あまり相手に対して呆れたような態度をしないほうがいいだろう。その態度を見たフィリピン人が、怒り出すかもしれない。

おまえ、そんなこともわかんねぇーのかよ。ださっ

たとえば、上記のようなことを言われたフィリピン人は、いい気はしない。

プライドが高いフィリピン人などは、この言い方に対して怒るかもしれない。特にマネージャーという肩書を持っていたりするフィリピン人などは、プライドが非常に高い。相手を怒らせても大していいことなどはない。言い方にも気を付けたほうがいいだろう。

わからないことは、それを知らないことに対して呆れるのではなく、面倒だが小学生に接するように、相手のプライドを傷つけないよう一から教えてあげるのが良い。

暴力を振るわない

なんだ、その態度は‼

外国人が、フィリピンでフィリピン人に暴力を振るったら、その外国人は逮捕され、強制送還、さらに、二度とフィリピンに入国できなくなる。

仕事をしていて、悪い態度をとるフィリピン人を、殴りたくなったりするのは、非常によくわかる。しかし、フィリピンは外国であり、自分は外国人であることを常に頭に入れておこう。

フィリピンにおいて、外国人はフィリピン人よりも弱い立場となる。フィリピンの法律はフィリピン人に味方をし、外国人には見方をしてくれない。最終的には外国人が痛い目を見ることが多い。

また、暴力を振るったら、相手のフィリピン人は必ず仕返しをしてくるだろう。

自分の命も危うくなるようなことはしないのが賢明だ。

フィリピン人の前では、フィリピンの悪口はやめよう

よくフィリピンやフィリピン人のことをバカにしている発言をする外国人を見かける。その外国人の言っていることは非常に理解ができたりする。

現に、フィリピンと他の先進国を比べれば、フィリピンにはおかしいこと、変なことばかりあったり、起こったりする。そのことで頭に来ることもかなりある。

しかし、あまりフィリピン人たちの前では、フィリピンをバカにするようなことは言わないほうが良いかもしれない。

例えば、もし日本以外の外国出身者が日本のことをバカにしてるような話を、日本人がたくさんいる中でしたら、怒り出す日本人は出てくるだろう。フィリピンでも同じなのだ。

フィリピン人の中には自国の悪い部分をわかっている人もいて、頷いてくれるだろうが、中には怒り出すフィリピン人もいる。口は災いのもとだ。気を付けたほうが良い。

フィリピンにリスペクトを

フィリピンに長く住み、お金がある外国人は、フィリピン人に対して敬意を示さなくなる人が多い。中には、自分は、警察の幹部、ある大きな会社のオーナー、権力者たちと知り合いだから大丈夫だといった勘違いをしている人もいるだろう。

権力者たちと知り合いだからといって、自分が狙われないという保証はない。フィリピンに長期滞在するのであれば、フィリピンに住まわせてもらっているというリスペクトが大切になってくるだろう。

そのリスペクトを忘れた外国人には、フィリピン人から巨大な鉄拳を食らい、その犠牲となるのである。

例え、フィリピンがおかしな国、自分の国よりも劣っていると思っても、リスペクトを忘れないようにした方が良い。

ブログランキング参加中! クリックで応援お願いします。
PVアクセスランキング にほんブログ村
ブログランキング参加中! クリックで応援お願いします。
スポンサーリンク
マニラ・セブ
スポンサーリンク
コビをフォローする
スポンサーリンク
フィリピンでよろしく‼

コメント

タイトルとURLをコピーしました