【危険】交通事故が多いフィリピン

マニラ・セブ
ブログランキング参加中! 
ブログランキング参加中! 

セブに10年以上住んでいますが、外出すると大抵交通事故現場に遭遇します。

近年は、オートバイの交通量も多くなり、自動車とオートバイの接触事故が多発しています。

日本ではフィリピンほど交通事故の現場に遭遇することはないと思うのですが、

何故、フィリピンは交通事故が多いのでしょうか。色々な原因を探ってみました。

車間距離を取らない

フィリピンでは、あまり車間距離を取らない傾向が強いです。

これは、車間距離を開けることによって、その車両間に空いたスペースに他の車の割り込みをされるのが嫌だからなのです。

フィリピンでは、車両の列に入りたい場合は、無理にでも割り込まないと、列に入ることができません。

車間距離をある程度なければ、前の車両が急ブレーキをかけたとき後ろの車は、前の車に追突します。

よって、このような追突事故が結構発生しています。

カーブで減速しない

大型トラックがカーブのところで横転したりしている事故を目にします。

間違いなく、スピードの出しすぎです。

普通、カーブに差し掛かる手前で、減速してからカーブを曲がるのですが、

ものすごい勢いで、カーブを曲がろうとする車が多いのです。そのような車は、横転し他の車などを巻き込む事故を発生させています。

また、コンテナを引っ張っている大型トラックなども、減速せずにカーブを曲がろうとして、カーブのところで、コンテナをひっくり返し、大渋滞発生といったようなことが起こっています。

フィリピン人は、運転となるとせっかちになるようで、スピードを出したがる人が非常に多いです。

ミラーを見ない

大通りで、車線変更したり、交差点を曲がるときなどは、「バックミラー、サイドミラー、そして、視認」という順序で確認作業を行うと日本の自動車教習所では教えています。

フィリピンでは、ミラーの確認もせずに、車線変更をしてくる人がいるのです。

車線変更の際、移ろうとしている車線の後ろから車が来ていることに気付かず、ぶつかりそうになって、相手にクラクションを鳴らされて、ようやく車の存在に気付くというフィリピン人も多いのです。

全く見ていない・・・

ついでに言うと、

クラクションを鳴らされたことに対して、逆ギレするフィリピン人もいます。そして、ものすごい勢いで車で追いかけてくるのです。

そのような、しょうもない喧嘩も何度も見かけました。

おわりに

結局、フィリピンにおける交通事故は、交通ルールをしっかり守らないというのがほとんどの原因っぽいです。

「フィリピンの教習所で、これらのことは教えてないの?」と思う方もいるかと思いますが、

フィリピンにおいては、教習所に行かなくても運転免許は取れてしまうのです。運転免許を発行している運輸局にて筆記試験はあるようですが、筆記試験のために勉強しただけでは交通ルールは頭に入らないでしょう。

運転免許取得後は、運転経験の豊富な人に教わって、運転技術を上達させるようです。

これから交通事故はもっと多くなっていき、それによって引き起こされる渋滞もひどいものになっていくでしょうね。

ブログランキング参加中! クリックで応援お願いします。
PVアクセスランキング にほんブログ村
ブログランキング参加中! クリックで応援お願いします。
スポンサーリンク
マニラ・セブ
スポンサーリンク
コビをフォローする
スポンサーリンク
フィリピンでよろしく‼

コメント

タイトルとURLをコピーしました