鼻くそをほじるフィリピン人

フィリピン人
ブログランキング参加中! 
ブログランキング参加中! 

路上で、仁王立ちになり、豪快に鼻くそをほじっている大人のフィリピン人女性を見かけた。

もう、そのフィリピン人女性には、鼻くそをほじる行為を見られるていることが、恥ずかしいという考えは頭にない。ほじることに集中しているため、話しかけづらい雰囲気を出している。

全てのフィリピン人が、人前で豪快に鼻くそをほじるわけではないが、女性も含めて、多くのフィリピン人が人前で鼻くそをほじっている。

今回は、鼻くそをほじるフィリピン人について考えてみた。

環境問題

フィリピンに移住して思ったことがある。フィリピンは排気ガスがすごいのだ。

排気ガスをまき散らしながら走るジプニー、大型トラックなどが非常に多い。

真っ黒な排気ガスをまき散らすので、空気が非常に悪いのだ。

また、交通量が多い道沿いなどは非常にホコリっぽい。

特に都心部に近づけば、近づくほど交通量が多くなるので、排気ガス量も多くなる。

街を歩くときなどは、絶対に口、鼻を押さえるためにハンカチを持ち歩いたほうがいいだろう。

私は、セブに移住をしてから鼻毛が伸びるのが非常に早くなった。この空気の悪さのせいだと思っているのだが、鼻くそも日本にいるときに比べて大量に出るようになった気がする。

このような環境であれば、鼻くそをほじる頻度もあがるだろう。また、排気ガスばかり吸うような生活をしていたら、喘息になってしまう可能性もある。

ほじっているところを見られる恥ずかしさ

これはある程度お金持ちで、しっかりしている人たちであれば、鼻くそを人前でほじくる恥ずかしさは感じるかもしれない。

しかし、それ以外の中間層の人たちや貧民層の人たちは、あまり気にしないのではないだろうか。特に貧民層の人たちは、まったく気にしないような気がする。

お金持ちの人は、住んでいる家も大きく広い。隠れて鼻くそをほじったりすることもできる。

しかし、貧民層の人たちの家は、非常に狭く、狭い部屋に何人も住んでいたりするようなところだ。そして、各人のプライベートもない丸見え状態なのだ。よって、小さいことなど気にしない。みんなで鼻くそをほじっているような状態だ。はずかしさなんて感じない環境だろう。

このようなところに住んでいれば、外でも鼻くそをほじることはあまり恥ずかしいとは思わくなってしまうのかもしれない。皆もやっているんだから自分がやっても問題ないと思ってしまうのも無理はない。

鼻くそをほじる人たち

今まで見た鼻くそをほじっていたフィリピン人たちの話を紹介しよう。

テレビを見ながら

ソファーに寝そべりながら、リラックスした状態でテレビを見ているフィリピン人女性。テレビを見ることに集中している。そして、テレビを見ながら、片手を顔に近づけ、人差し指を伸ばし、鼻の穴へ。

ホジ、ホジ・・・・

ホジ、ホジ・・・・

ホジ、ホジ・・・・

ゆっくりと人差し指を引き抜き、親指も使って何かをつかんだ。

鼻くそだ・・・

そして、人差し指と親指を使い、つかんだものを丸め始めた。

本人はテレビを見ることに集中している。

テレビの番組が面白いようだが、親指と人差し指で丸めている動きだけは止まらない。

もう十分すぎるほど、丸められた鼻くそ・・・

そして、ゆっくりと腕は、床のほうに下がっていった。

その時だ!!

ポイ・・・

鼻くそは、床に放たれたのだった。

軽トラックの荷台で。

軽トラックの荷台に、若いフィリピン人女性が乗っていた。

周りからは彼女が軽トラックの荷台に乗っているのが良く見える。

私は、スーパーで買い物をした帰りで、家まで歩いているところだった。

その軽トラックは、私が歩いている後ろから、私をゆっくり追い越していった。

私の目に、荷台に乗ったフィリピン人女性が映った。

ものすごく険しい顔をしながら、鼻くそをほじっていた。

恐らく少し奥の方に陣取っていた鼻くそが、なかなか取れないのであろう。

軽トラックは走っていき、その険しい顔したフィリピン人女性は、ゆっくりと遠ざかっていった。

すると、その軽トラックが、交差点のところで止まった。

あ・・・

私は、その軽トラックに追いついてしまったのだ・・・

そして、荷台に乗っている女性を見た。

険しい顔をしながら、まだ鼻くそを取り出せないでいた。

まさか、その女性は、私にその姿を見られているとは思っていなかっただろう。

ほじった後、どうするのか

気になるのは、鼻くそをほじった後の処理だ。

やはり外にいるときは、そのままポイ捨てが基本だ。私は、フィリピン人のポイ捨て現場を何度か見たことがある。

ごみのポイ捨て同様、鼻くそのポイ捨てなどは注意されることはない。ゴミ箱に鼻くそを捨てる人など皆無だ。

それでは、家にいるときなどはどうしているのであろうか。

窓があれば、窓からのポイ捨てをやはりしているようだ。しかし、窓がなかったりする場合はどうしているのかというと、そのあたりの床にポイ捨てすることが多い。

誰かが鼻くそを踏んでしまうなどということは考えないのだ。家にいるときも、とりあえずほじった後は、即捨てたいのであろう。この時もゴミ箱に捨てるという行為を行う確率は低い。

ブログランキング参加中! クリックで応援お願いします。
PVアクセスランキング にほんブログ村
ブログランキング参加中! クリックで応援お願いします。
スポンサーリンク
フィリピン人
スポンサーリンク
コビをフォローする
スポンサーリンク
フィリピンでよろしく‼

コメント

タイトルとURLをコピーしました