【コロナ関係】旅行者のフィリピン入国が可能になるのはいつになるのか‼!

マニラ・セブ
ブログランキング参加中! 
ブログランキング参加中! 

フィリピンにおけるコロナの感染者数は、随分と落ち着いてきている感がある。

しかし、未だに旅行者がフィリピンに入国することは許されていない。

マニラは今

現在、マニラの隔離措置規制レベルは、「一般的なコミュニティ隔離措置(GCQ」である。

このGCQが、緩和されると「修正を加えた、一般的なコミュニティ隔離措置(MGCQ)」となる。

現在、セブがこのMGCQの隔離措置レベルとなっている。

このMGCQの隔離措置レベルが、さらに緩和されると「NEW NORMAL」となる。NEW NORMALは、ほぼ通常通りに戻る規制解除の状態だ。

マニラは、現在GCQであるが、MGCQに緩和がされるのは、2021年の4月から6月の間とされている。

しかし、イギリスで確認されたコロナの変異種の関係で、2020年末に再度、多くの国がフィリピン入国禁止の対象となった。日本も、この対象国に含まれている。

変異種がフィリピン国内で感染が確認され、感染が広まれば、マニラがMGCQレベルになるのは、延期され、旅行者がフィリピンに入国できるようになるのは、さらに遠のくことになる。


NatureHike 自動インフレーターピロー 超軽量インフレータブル 枕 トラベルアウトドア枕 キャンプ用品 収納袋付き(オレンジ)

セブはどうか。

セブのコロナ感染者は、随分と収まってきている。

セブは、もう普段のセブとほぼ変わらない状態まで戻ってきている。

そろそろMGCQからNEW NORMALに戻ってもいいような感じではなるのだが、

やはり、フィリピンの中心であるマニラが規制緩和されなければ、セブはNEW NORMALにはならないだろう。

マニラがNEW NORMALになれば、フィリピン全国がNEW NORMALになると予想ができる。

そのような状態になるには、まだ時間がかかりそうだ。

やはり、旅行者がフィリピン入国できるようになるには、2022年まで待たなければならなくなりそうだ。


堀内鏡工業 シェルダンスタンドミラー M 木目 AM-67

ブログランキング参加中! クリックで応援お願いします。
PVアクセスランキング にほんブログ村
ブログランキング参加中! クリックで応援お願いします。
スポンサーリンク
マニラ・セブ
スポンサーリンク
コビをフォローする
スポンサーリンク
フィリピンでよろしく‼

コメント

タイトルとURLをコピーしました