セブの郊外の田舎は平和そのもの

マニラ・セブ
ブログランキング参加中! 
ブログランキング参加中! 

セブ市から車で4時間ほど西に行った田舎町:アレグリアというところに行ってきた。

そこには、私の知り合いがおり、プライベートリゾートを持っているということで彼が招待してくれたのだ。

セブ市から車でセブ島の西側にあるアレグリアに向かった。コロナでの規制下ではあるが、検問などは一切なく、スムーズに行くことができた。

セブの西側には、モアルボアル、バディアンといった観光地がある。モアルボアルはダイビングで有名で、サンゴが多く残っている観光地。バディアンはカワサンの滝という観光地があり知られている場所だ。

アレグリアは、そのバディアンの先に位置しているが、ガイドブックなどには出てこない土地だ。


Zenoplige シュノーケルセット スノーケリング ドライスノーケル フィン・マスク・スノーケル 3点セット曇り止め 強化ガラス 収納バッグ付き 男女兼用

ビーチ沿いのリゾート

リゾートの目の前はビーチとなっていた。南国らしくヤシの木があり、そして、気持ち良い風が海から吹いていた。

コロナの影響で、家に閉じこもりがちだったので、こういうきれいなところに来ると非常に気持ちが晴れる。

こういうところに来ると、コロナの影響でどこに行くにもマスクをしなければならない窮屈に感じていた生活を忘れることができる。

セブの田舎ではコロナはどうか。

セブでのコロナ感染者数は落ち着いてきている。

空港のあるラプラプ市などは、新規感染者数ゼロの日も続いている。

セブにおいては、コロナは数字上落ち着いてきているのだ。

セブの田舎はどうか・・・

セブの田舎は、コロナなどという存在を忘れるくらい平和そのものだ。

アレグリアは、感染者がいないという。外出時のマスク着用は必要だが、現在は、マスクは顔の飾り化しているような感じだ。

外国人観光客がフィリピンに入国できるようになるのは2022年と言われている。

マニラの感染が収まらない限り、フィリピンの開国はなさそうだ。


GULL マスク マンティス5ブラックシリコン ブラスト×スノーケル カナールステイブルブラックシリコン ブラック×KURORO マスクストラップカバー (ブラック×レッド)

ブログランキング参加中! クリックで応援お願いします。
PVアクセスランキング にほんブログ村
ブログランキング参加中! クリックで応援お願いします。
スポンサーリンク
マニラ・セブ
スポンサーリンク
コビをフォローする
スポンサーリンク
フィリピンでよろしく‼

コメント

タイトルとURLをコピーしました