【マニラからセブへ】ステップ④ フェリーで車を運ぶ手続きの仕方(フェリーのチェックインの流れ)

未分類
ブログランキング参加中! 
ブログランキング参加中! 

車をフェリー会社に預けたら、あとはフェリー出航日に、フェリーでセブに向かうだけだ。

フェリーのチェックインは、出航時間の4時間前からとなる。

航空機同様、フェリーもディレイが当たり前。ディレイの連絡は、チケットを購入した際に連絡先として記入をした連絡先に、テキストメッセージで連絡が来る。

2GOフェリーのチェックインなどは、すべてPIER4で行われる。

フェリーのチェックインの仕方

フェリーで移動するということは、荷物がたくさんあるということかと思う。

一人では運べない量の荷物であれば、ポーターの助けを借りよう。

まずは、ターミナルフィーの支払いだ。荷物をポーターに預け、ターミナルフィーを払いに行くようにしよう。その際は貴重品は必ず携帯しよう。

ターミナルフィーは一人95ペソ。支払いの際はチケットを見せるようにしよう。

そのあとは、荷物を重さをはからなければならない。多くの荷物を持っていく場合は別途料金がかかるのだ。チケットセンターのスタッフは60KGまでが無料と言っていた。

しかし、実際にそうではないようだ。そして、重さなどは一切測らなかった。

荷物の個数をチェックし、重さを予想し、料金を決めているような感じだ。

高額な料金は請求されることはないので問題ない。

荷物の料金を支払うと、次は荷物のX線検査を行わなければならない。これはしっかりやっていた。

全て、ポーターが荷物をX線検査も手伝ってくれる。

X線終了後、ポーターがフェリーに荷物を持って行ってくれる。彼らが荷物を持って行っている間に

フェリーのチェックインをしなければならない。チェックインは、建物内に入って行う。

チェックインの際に健康調査票に記入をさせられる。

これは、熱はあるか、咳はあるか、のどの痛みはあるかなどの、質問票だ。すべて「いいえ」にしなければ、フェリーに乗ることは出来ない。「いいえ/NO」と記入をしよう。

チェックインを終了すると、次に迷彩服を着ている人たち(警察か軍隊)に渡航に必要な書類を見せる。彼らが書類のチェックをしているのだ

必要書類は、下記となる。

Tracel authority

Medical certificate from local health unit

Acceptance letter from CEBU side

Certificate of residence

Passport copy

そして、IDを見せて終わりだ。

このチェックは適当にやっているような感じで、偽物を見せてもわからないと思う。

これでチェックイン手続きのすべてが終了だ。

フェリーに行き、ポーターが運んでくれた荷物がどうなったかを確認しよう。

フェリー内には、荷物置き場があり、多くの乗客の荷物がまとめて置かれている。

貴重品が入っているものは、その荷物置き場には置かないようにしよう。

荷物を運んでくれたポーターには、チップをあげるようにしてよう。100ペソくらいあげればいいかと思う。

これらのチェックイン手続きも、一人で行うと、あっちこっちに行かなければならないので非常に面倒くさい。

ブログランキング参加中! クリックで応援お願いします。
PVアクセスランキング にほんブログ村
ブログランキング参加中! クリックで応援お願いします。
スポンサーリンク
未分類
スポンサーリンク
コビをフォローする
スポンサーリンク
フィリピンでよろしく‼

コメント

タイトルとURLをコピーしました