フィリピンのタクシー乗車の際の注意

マニラ・セブ
ブログランキング参加中! 
ブログランキング参加中! 

フィリピンに来る前に、色々とフィリピンについて調べてみると、注意することがたくさん出てきます。その中でも、不安な要素の一つがタクシー・・・

フィリピンにおけるタクシー乗車の注意点をご紹介しましょう。

マニラの場合

昔は随分と悪いタクシーの運転手がいたようです。しかし、現在はかなり良くなっているとか。

街中を走っている白いタクシー。この白いタクシーには極力乗らないようにしましょう。まだ悪さをするタクシードライバーが白色タクシーにいるようです。

どのような悪さをするのかというと、悪い警察などとグルになって客からお金を取るというホールドアップが多いようです。

客がタクシーに乗車すると、ドライバーは携帯のメッセージを、グルになっている悪い警察官に送ります。そして、「今、そっちに向かってる」といったメッセージを送り、グルの警察官に準備をさせます。そして、待っていたグルの警察官のもとにタクシーが到着し、乗客から金を取るというものです。フィリピン人にも多くの被害者がいるようです。

警察もグルになっているというのが厄介ですね。

白いタクシーにもし乗る場合は、タクシーの車体側面にタクシーの会社名、番号などが記載されています。これを写真に撮っておくことをお勧めします。

ちなみに、ホールドアップの多発地帯は、下記の通りです。

  • ロハス通りのサービスロード(脇の道)
  • 空港ターミナル①からターミナル②への道
  • フィリピンインターナショナルコンベンションセンター付近

上記の場所が、グルの警察官待機場所になっていたりするようです。

※空港ターミナル①からターミナル②への道でのホールドアップは、空港に迎えに来てくれたフィリピーナのおねえちゃんが、悪い警察官と組んでいた場合などに発生しているようです。

注意することは、極力白いタクシーに乗らないこと、色がついているタクシー、GRABタクシーに乗ることをお勧めします。

空港の乗る白いタクシーは、空港のセキュリティガード、もしくは、係員が、タクシーのナンバーなどの書かれた紙を渡してくれますので、比較的問題ありません。

セブの場合

今度は、セブの場合です。

セブの場合は、まだマニラに比べればかわいいもので、基本的にぼったくろうとするタクシーの運転手がいるようです。

タクシー乗車後、メーターを降ろそうとせず、高い料金を言ってくるケースです。

タクシーの乗車する前に、ドライバーに行先を告げ、メーターで行くように伝えて、ドライバーがOKと言ったら、タクシーに乗車すればいいかと思います。

ただ、セブの街中から、マクタン島のリゾートまでは、かなり距離もあるので、マクタン島まで行くのを嫌がるドライバーが多いです。その場合は100ペソくらい追加で支払ってあげてもいいかと思います。なかなかマクタン島まで行ってくれるドライバーを探すのも大変ですので。

タクシーのトラブルは、その旅行などを台無しにしてしまいますので、上記を参考にしていただき注意するようにしましょう。

ブログランキング参加中! クリックで応援お願いします。
PVアクセスランキング にほんブログ村
ブログランキング参加中! クリックで応援お願いします。
スポンサーリンク
マニラ・セブ
スポンサーリンク
コビをフォローする
スポンサーリンク
フィリピンでよろしく‼

コメント

タイトルとURLをコピーしました